葬儀の種類

葬儀の種類は様々あり、これは行う家族の意向や宗教も関係し、変化します。
最近では自分らしい葬儀・故人らしい葬儀をしたいと思う人が増えているようです。
葬儀の種類はどんなものはあるのか。
あらかじめ知識を持って葬儀社と話をするようにしましょう。
現在、「葬儀式」と「告別式」は一つの流れの中で行われることの方が多いようです。
一般的な葬儀でも、音楽や写真を流すなど、故人の個性を表すことができます。
次に、社葬や個人葬があります。
会社の社長や会長が亡くなった時や社員が殉職した時などは会社が主催して葬儀を行います。
対して、遺族が葬儀を行うことを個人葬と呼びます。
遺族とかいしゃが合同で行う場合は合同葬となります。
また、家族葬や密葬などもあります。
これはどちらも主に親族や親しい者の間でだけ行う葬儀で有名人などに多いです。
後日一般の参列者を招いた本葬を行う場合もあります。
家族層の場合、他の方々へもお知らせをし、弔問・供花・香典などの辞退をする必要があります。
火葬の後で葬儀を行う地域もあり、これを「骨葬」と呼びます。
他には仏式葬儀・キリスト教葬儀・神式葬儀など、宗教ごとの違いがみられてきます。
低価格で簡素な葬儀として市民葬や区民葬があります。
葬儀を行うことには法的な義務はないため、葬儀をしないことも可能になります。
しかし、火葬まではいくつかの段階があるため、必ず葬儀屋への依頼は必要となります。
身内だけの火葬になり、費用も一番安いため、これを直葬と言います。
他にも多くの葬儀の種類がありますが、これは本当にかなり細かく変わってきます。