葬儀のマナー

葬儀はに日常において頻繁に行われるものではないため、マナーをしっかり覚えておくことが重要です。 葬儀は故人にとって最後の式となるため、失礼のないように行動しましょう。
訃報の知らせを聞いたら、特に近親者や親しい仲の場合はできるだけ早く駆け付けましょう。
故人とあまり親しくない場合は、通夜や葬儀の際に弔問に尋ねましょう。
しかしご近所の場合は、すぐに弔問に伺うのがマナーとなります。
故人と親しい場合は、通夜と葬儀の両方に参加し、親しくない場合はどちらかに参列するようにしましょう。
また、どうしても弔問できない場合、弔電を打ちます。
弔電は、喪主宛にフルネームで、故人との関係がわかるように書きましょう。
服装は通夜を除き、葬儀・告別式会葬者の服装は礼服となります。
和洋装を問わず、黒であっても光沢のものは避ます。
お悔やみの言葉は、手短かに心を込めて述べ、忌み言葉を使わないように気を付けます。
親族や友人、近所の方であった場合、葬儀の手伝いや世話人を頼まれることがあります。
その場合、喪家側の立場としてふさわしい身支度、振る舞いを心掛けていくことが大事です。
焼香は、混雑していない葬儀の始まりか終わり頃に行うようにしましょう。